2010/11/22 openEHRに関するセミナー開催のお知らせ

openEHRに関するセミナーを下記のごとく開催します。
是非ご参加下さいますよう、御願いいたします。

概要: 国民の健康記録を生涯にわたって保存し、その情報を医療の質の評価と向上にむけて利用するというEHR(Electronic Health Record)への取り組みがヨーロッパを中心に行われており、現在注目を集めております。
EHRの意味論的相互運用性を目指したISO13606標準と、そのオープンソースソフトウェアでの実装系であるopenEHRプロジェクトは次世代の標準技術とされています。本講演会では、ISO13606の概要とそれを導入する際のガバナンスについて検討していくため、下記のとおりロンドン大学よりDipakKalra教授を招聘し、世界での動向について概説していただくと同時に日本での運用可能性について検討します。

日時:2010年11月22日、14:00 – 17:00(受付開始 13:30~ )
場所:京都大学東京オフィス
   〒108-6027
   東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟27階
演題:
 1)ISO 13606の概要と本邦における運用可能性について
   愛媛大学 小林慎治

 2)意味論的相互運用性を支援するためのopenEHRとISO 13606アーキタイプの設計
   -Designing openEHR and ISO 13606 archetypes to support semantic interoperability –
   ロンドン大学 Dipak Kalra教授

主催:MedXMLコンソーシアム
後援:NPO日本医療ネットワーク協会
参加費:大学および、医療機関の方 5000円
それ以外の企業等の方 20000円
当日、受付にてお支払い下さい。

お申込み方法:MedXML事務局 toiawase@medxml.net まで、お名前とご所属をご
連絡のうえ、直接会場へおこし下さい。
メールの件名は「セミナー参加申し込み」とご記載ください。

Seagaia meeting開催(終了しました)

今年のシーガイアミーティングは終了しました。
会議の発表抄録などは、ホームページ(http://www.seagaia.org/~sg2010/)を御覧ください。

         記

会議名称 : Seagaia Meeting 2010

会議テーマ:EHR の標準化-世界の動向と日本の行方-

参加定員 :60名程度

会議日程および開催場所:
日程:2010年5月14日~15日 
 2010年5 月14 日(金)9:00 受付開始 9:30~17:00 
 2010年 5 月15日(土) 8:30 受付開始 9:00~17:00 【18:00~ 懇親会】
場所:ホテルムーンビーチ 会議場

参加費:

MedXMLコンソーシアム会員:
  医療機関および大学等所属: 5,000円
  上記以外の所属の方: 20,000円

MedXMLコンソーシアム非会員:
  病院および大学等所属: 10,000円
 上記以外の所属の方: 40,000円

懇親会費:
15日  8,000円 (場所:ホテルムーンビーチ内)

14日 「我空我空(わんからわんから)」にて食事会 

欧州における医療データの2次利用について

日本医療ネットワーク協会から、下記文書が公開されています。

【タイトル】欧州における医療データの2次利用

【内容】欧州ではEHRの標準化が2000年代より本格的に進められており,2009年2月にはEHRの欧州標準規格であるCEN13606がISO13606として認定された。
ISO/CEN13606規格の源流である欧州を視察し,どのような背景のもとでこの規格が形成されたのか,今後どのような意図をもってこの規格を採用し普及していくのか,データ再利用の状況と合わせて調査した。

【URL】http://www.ehr.or.jp/news/topics_20100311.html